STACHASHOP ぬいぐるみの作り方 ぬいぐるみの本の紹介
はじめてのぬいぐるみキット  はじめてのどうぶつぬいぐるみキット はじめてのどうぶつぬいぐる這い型キット 
ロップイヤー・ミニウサギキット どうぶつ手作りキット わんことにゃんこキット
型紙販売 初級 型紙販売 中級 型紙販売 上級
ぬいぐるみの材料販売(生地) パーツ販売(目玉・鼻・ジョイント・その他)
ぬいぐるみ作りのポイント
注文方法 カンタン綿詰器 造形講座 CD
講習会のお知らせ セールのお知らせ リンク


ぬいぐるみ作りのポイント


こちらでは、ぬいぐるみ作りのちょっとしたポイントや、よくある質問など

 本には載っていないことを載せていこうと思います!

 こちらは随時アップしていきますので、チェックしてみてください!


 <第1回目>   手縫い糸のこと

 ぬいぐるみを作る時に、手縫いで作られる方が多いと思います

 その時60番の糸で縫ってみたんだけど、ちょっと縫いにくいな~と思われたことがありませんか!?

そんな時は30番の手縫い糸で縫ってみてください。

 仕上げで目を引いたり、返し口を閉じたりする時にも同様です。

 60番の糸は、基本的にミシン縫いの時に使われる細めの糸なので

2本取りで縫っても、縫いにくかったり、表に返した時に糸が緩んでいて

見えてしまったりするかもしれません。ミシン縫いの時は60番でOKです。

ぜひ試してみてください!


<第2回目>   裁断のこと


生地の裁断の時、毛の長い生地の裁断はどうすればいいでしょう!?

本の「はじめてのぬいぐるみ」や、「はじめてのどうぶつぬいぐるみ」で

使用している、ポリエステルボアは毛の長さが約6ミリくらいあり


レーヨンシールは5ミリ/10ミリ/15ミリとありますが、これらの生地は

気にせず、思いきって裁断してみてください。

長毛でも短毛でも、これらの生地はぬいぐるみが仕上がったら


縫い目の所を、全体的にブラシングしてやると、縫い代側に縫いこまれた毛が出て

回りの生地に馴染んでいくので心配ありません!


(縫製時、なるべく縫い代側に毛が出てこない様に目打ちで毛を内側に入れながらするとブラッシングも楽です。)

専用のブラシがなくても目打ちで毛を出してあげたり、ペット用のブラシで

(100円ショップでぬいぐるみ用のブラシに似た物が販売されていました)

ブラシをかけてあげてください。仕上がりもきれいになります。

モヘアやファーなどの生地の場合は、毛を切らないよう裏地部分だけを

切るようにして裁断してください。はさみの先の部分で細かく切っていく

 長い毛がぶっつり切れることはないと思います。こちらも仕上げにブラシを


かるくかけてあげるときれいです。

ぜひ試してみてください!


<第3回目>   型紙の拡大・縮小のこと

はじめてのどうぶつぬいぐるみ」の本では、基本のMサイズの他に、

うさぎ・パンダのみに、Sサイズ・Lサイズの型紙が載っていますが、

その他のどうぶつも(S・L)サイズに拡大縮小して

作ってみたいなと思ってい方がいるかもしれません!


また、自分好みの大きさで作ってみたいと思っている方がいるのでは!?

そこで他のどうぶつも、うさぎやパンダのS・Lサイズになる拡大縮小率と、

拡大縮小する時 のちょっとしたポイントや、

  拡大縮小した後の型の直し方をお教えしたいと思います。


< 例 >うさぎ Mサイズを基にしてS・Lサイズに拡大縮小します。

Sサイズに縮小した率は、体が73%  頭が76%

Lサイズに拡大した率は、体が126% 頭が123%

拡大縮小する時のポイントとして、体と頭のを変える事と、

縮小する時は体に対して頭は約3%くらい大きくし、

拡大する時は、体に対して頭を
約3%くらい減らしてやります。


体と頭の%を変える事で、体と頭の大きさのバランスが良くなります。 

<拡大縮小した後の首回りサイズの直し方>

本に付いている型で、例えばくまをS・Lサイズに作ってみるとします。

上記の同様に拡大縮小した後は、頭と体のが違う為、首回りの長さが

合わなくなっています、それと縫い代も拡大縮小しているので直す必要があります。

まず縫い代分が拡大縮小しているので、型の縫う線(点線)から、

縫い代分を(4mm)S・Lサイズともひき直します。


それから、首回りの長さ(寸法)が頭と体で違うので、体の方の長さに頭の

長さを合わせて型を直します。これで型はOKです

本に載っている他の動物も、ぜひ参考にして作ってみて下さい。


また自分好みのサイズで作ってみたい方は、拡大縮小率の%を変えて

同じ様に 上記を参考にして作ってみて下さい。         



<第4回目>   つぶ綿・ペレットのこと

(つぶ綿)

STACHA CLUBで販売しているつぶ綿(ポリエステル綿)は、

綿がほぐれた状態に
なっているので、綿詰めがしやすです。

先の細いものを詰める時や小さなぬいぐるみを詰める時にも便利です。

形もきれいに出しやすいと思います。


綿にも種類があると思いますので、使いやすい綿で作ってみてください。


(ペレット)

 ペレットは、中に入れることによって重心を安定させてたり、

重みを持たせたすることができます。


ペレットを入れる時はそのまま入れても良いですが、

こぼれたり、ぬいぐるみを触っているうちに中で動いてしまうのが心配な方は、

薄い布で袋を作ってその中にペレットを入れて閉じたものを使うのも良いかと思います。




<第5回目>   ぬいぐるみのお手入れ方法



このページのトップにもどる



STAR KIDSはこちら


オフィシャルサイトは こちら







inserted by FC2 system