STACHASHOP ぬいぐるみの作り方 ぬいぐるみの本の紹介
はじめてのぬいぐるみキット  はじめてのどうぶつぬいぐるみキット はじめてのどうぶつぬいぐる這い型キット 
ロップイヤー・ミニウサギキット どうぶつ手作りキット わんことにゃんこキット
型紙販売 初級 型紙販売 中級 型紙販売 上級
ぬいぐるみの材料販売(生地) パーツ販売(目玉・鼻・ジョイント・その他)
ぬいぐるみ作りのポイント
注文方法 カンタン綿詰器 造形講座 CD
講習会のお知らせ セールのお知らせ リンク


ネットショップが新しくなりました!

スターチャイルドの商品(ぬいぐるみ・材料)が買えます。


ネットショップはこちら

スターチャイルドの直営ネットショップです。

http://www.stachanet.jp



はじめてぬいぐるみを作る方にも、また将来ぬいぐるみデザイナーとして活躍したい方にも

ぬいぐるみの型紙の作り方を体系的に説明しております。



ぬいぐるみ造形講座 基礎コース



CDの販売

パソコンから見られます。

ご自分で必要な部分をプリントアウトしてご使用下さい。

< 価格 > ¥9800+消費税


ぬいぐるみ造形講座 基礎コース



ファイルの販売

CDの中に収録されている内容をプリントアウトして

1冊のファイルにしたものです。

CDは含まれておりません。


< 価格 > ¥10800+消費税



収録内容

  
ぬいぐるみ動物の型紙は、市販の本にたくさん掲載されています。その本の型紙を使用しただけでは、

作ることは出来てもオリジナルな型紙を起こすには不十分です。

テディベアの場合ですと、耳、頭、胴、腕、足の型紙を拡大・縮小したり、伸ばしたい、角度を変えたりして

アレンジすればオリジナルなものになりますが、ぬいぐるみ動物の場合には、そう簡単にはいきません。

型紙の種類や数量も増え、各々の型の角度や膨らみや全体のバランスを調整することが難しくなります。

  ぬいぐるみ動物の型紙を起こすには、先ず作ってみたい動物の側面と正面のスケッチを描くことから始めます。

 次に、側面のスケッチをもとに胴の型紙を起こし、正面のスケッチをもとに頭まち、胴まちの型紙を作成します。

型紙を起こし終えたら、試作にはいります。最初は伸び縮みのしない生地で試作し、型の大きさ、角度を修正

していきます。よりよいものにするには、繰り返し試作する必要があり、それには根気と忍耐を要します。

この講座の目的は、はじめてぬいぐるみ動物の型紙を起こそうとする人に、ぬいぐるみ動物の基本的な構造の

種類と、その各構造を構成する各型紙の名称や配置を理解し、習得してもらうことにあります。



   ぬいぐるみ動物の基本構造には、次の4つがあります。

1、 基本構造  立ち型

2、 基本構造  座り型

3、 基本構造  這い型

4、 基本構造  抱き型

   
さらに、基本構造 抱き型の腕の取り付け方の応用として、次の2つがあります。

5、 基本構造  抱き型 応用1  ホール式


 6、 基本構造  抱き型 応用2  ラグラン式


この講座では、いぬを参考に、基本構造の立ち型、座り型、這い型、抱き型の順番に進めていきます。

各基本構造の型の名称、型の位置を理解したら、抱き型の応用型紙のホール式とラグラン式に進みます。

基本構造 抱き型は腕が縦に前へでていますが、腕を横向きに前へ出すにはホール式で作ります。

また、腕を前へ出さず、下向きにするにはラグラン式で作ります。

基本構造をマスターしたら、少しずつアレンジしてみましょう。アレンジの仕方としては、頭や尾の形を

変えたり、この講座ではいぬを参考にしましたが、他の動物にもチャレンジしてみましょう。

オリジナルなぬいぐるみ動物の製作に一歩近づけるようになります。




*こちらの商品は、通信販売も承っております。

お気軽にお問い合わせ下さい。



このページのトップにもどる



inserted by FC2 system